メタボリック症候群の原因

メタボリック症候群になる原因は主に生活習慣と考えられていますが、具体的に次のようなことが挙げられます。
まず食生活で高カロリーな食事ばかり摂ると、メタボリック症候群になりやすくなります。また偏食や不規則な食生活でも内臓脂肪を蓄積しやすくなります。メタボリック症候群の予防、解消のためには栄養のバランスの取れた食事を毎日三食、規則正しい時間帯で摂ること、そして野菜中心の食事に魚介類を取り入れ、肉類を取る回数を減らすことなどが理想です。

そして睡眠もメタボリック症候群の重大な原因です。一日7時間から8時間ぐっすり眠っていれば健康的な睡眠といえますが、睡眠時間が6時間以下や9時間以上の人に糖代謝異常が多く見られ、また睡眠不足の人が肥満になりやすいという報告もあります。睡眠は体の休息、ホルモン分泌に大きく関わっており、適切な睡眠時間を規則的に摂ることがメタボリック症候群の予防になります。
そして運動不足も健康には悪影響です。メタボリック症候群はカロリー消費や内臓脂肪の燃焼、ストレス発散のために運動は欠かせないことです。毎日無理のない運動を習慣的に行うことが大切です。
また過度なストレスも中性脂肪を増加させ、高血圧や高脂血症などになりやすくなります。運動や自分の趣味などでストレスを解消するようことが大切です。

タバコやお酒などの嗜好品もメタボリック症候群の重大な原因の一つです。特にたばこはメタボリック症候群の症状をさらに深刻にしてしまうため禁煙する必要があるでしょう。